読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

アリス・エクス・マキナ 01 愚者たちのマドリガル (星海社FICTIONS) [感想]

高性能アンドロイド・アリスが普及した未来。人間とロボットとの交流を描いていく作品なわけだけれど、語られた物語はタイトルの通りに終盤になるまで真相を分からせない丁寧な作りで優しくて儚い悲劇となっている。愚者とは果たして誰を指した言葉なのだろ…

いなくなれ、群青 (新潮文庫nex) [感想]

河野裕さんの新作となる階段島シリーズです。サクラダリセットの透明感だとか綺麗な文字に惚れた一人なので、今回の新作も期待して読みましたが、流れてる空気が澄んでいました。作品の世界が11月なのでその影響もあるのかもしれませんが、登場人物たちが白…

終物語 (上) (講談社BOX) [感想]

シリーズ長いですね……。 戯言もいい加減に長いとは思ったものだけれど、こちらがここまで続く作品だとは思っていなかったというか。あとがきを読んで改めて感じさせられてしまっただけかもしれませんが。 さて、物語は終わりを銘打っているものの、暦の始ま…

アリス・イン・ゴシックランドII 怪盗紳士と大聖堂の秘法 (角川スニーカー文庫) [感想]

やはり世界観が良い。十九世紀のロンドンということもあるけれど、そこで繰り広げられる冒険ミステリーに、誰もがどこかで聞き覚えのある小説や歴史上の有名人たちが入り乱れてのお話なのでワクワクさせてくれるのだ。 物語を引っ張っていく伏線と構成が美し…

一つの大陸の物語(上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫) [感想]

「アリソン」から続く、「リリアとトレイズ」「メグとセロン」のシリーズをまとめる完結編。 あとがきにもあるように、完全新作ではない続きモノなのでご注意を。過去、「リリアとトレイズ」から読み始めた経験がありますが、リリトレはシリーズ2作品目です…

エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫) [感想]

第19回電撃小説大賞 金賞受賞作 オカルトな雰囲気を漂わせながらも、描かれるのは化学部の日常系ミステリー。喋る人体模型【トオル】と、冷静に淡々としたエーコの奇妙なやり取りが面白い。エーコの一人称で語られる物語は読みやすいので、二人の会話劇が際…

楽聖少女 (電撃文庫) [感想]

これは面白かった。著者の持ち味を存分に出した作品とも言えるだろうし、本当に色々な意味で著者だから書けた作品。随所に散りばめられている物語の展開、台詞など、全てに杉井光らしさを見られるのが、これまた読んでいて楽しい。 二百年前の楽都ウィーン。…

メグとセロンVII 婚約者は突然に (電撃文庫) [感想]

最終巻。 セロンとメグの恋の行方がどうなるかと思えば、まさかまさか告白前に撃沈するセロンの姿がそこに。メグの自分でも分からない嫉妬心に新聞部が丸ごと巻き込まれていく。今回持ち込まれる事件と二人の恋愛模様がもどかしいの何の。 メグを主体に物語…

オカルトリック (このライトノベルがすごい! 文庫) [感想]

イソラ怖い……、怖い。 登場人物がとにかく強烈で個性的だ。オカルト専門の探偵である葛乃葉は、助手であり主人公である玉藻のことが大好きで依存具合が半端ではない。料理は玉藻に作ってもらい、風呂も一緒に入り、玉藻以外の人間とは接点を作らない。 恐ら…

“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ……(4) (ファミ通文庫) [感想]

ギクシャクの関係がさらにややこしく。 葵さんに彼氏のふりをして欲しいと頼まれ、その現場を帆夏に見られたことから関係がギクシャクしてしまった是光だったけれど、新たに登場したヒカルの愛人を名乗る少女、月夜子さんと出会うことで更にややこしいことに…

氷菓 (角川文庫) [感想]

古典部シリーズ。 省エネを信条とする、何事にも積極的には関わらないイマドキな主人公、折木奉太郎。姉の勧めで古典部なる部活に入部することになるが、そこで出会った千反田えるのおかげで不思議な事件に振り回されることに。日常ミステリ。 ガチガチの推…

6―ゼクス (電撃文庫) [感想]

不思議な雰囲気を持つ少女と出合ったときから、山本彦馬の周りで人間が発火するという事件が起きるようになり、彦馬は容疑者として警察から疑われてしまう。そんな彼を救ったのは、特例課所属の女刑事、北林花姫。彼女は過去に世間を騒がせたシックスデイ事…

アリス・イン・ゴシックランドIII 吸血機ドラキュラ (角川スニーカー文庫) [感想]

吸血鬼。 ロンドンで発生した吸血鬼事件。ジェレミーとイグレインは大吸血鬼ウラドを追っていくうちに、大英帝国の存亡に関わる大事件に巻き込まれていく。中盤までは感じさせないが、終盤のクライマックス感が半端ではない。 正直、物語は終わっていないの…

明智少年のこじつけ1 (ファミ通文庫) [感想]

第13回えんため大賞 優秀賞受賞作 タイトルどおり、明智少年のこじつけだ。高校生の明智の元には、日々、トラブルが持ち込まれてくるわけだけれど、これを探偵よろしく解決していく――力技で。どんな事件であろうとも、犯人は必ず明智の幼馴染である小林くん…

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1 (ファミ通文庫) [感想]

第13回えんため大賞 大賞受賞作 親に勘当され、人工学園島にやってきた主人公は、お金が無いことから怪しいくらい安い物件にホイホイつられて、幸せ荘に住むことになる。しかし、そこには龍ヶ嬢七々々という幽霊の先客がいた。激安だった理由を実感しつつ、…

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫) [感想]

第16回鮎川哲也賞佳作作品 主人公の通う高校には芸術棟という文化部の部室棟があるのだが、そこに「壁男」という幽霊が出るという噂が立ち始める。その噂のせいで吹奏楽部は練習を休む部員が多くなり、部活が機能しなくなってしまう。そこで、部長とその部…

付喪堂骨董店 “不思議”取り扱います (電撃文庫) [感想]

不思議な力が宿った品物”アンティーク”にまつわる物語。 付喪堂骨董店~FAKE~には、世にも珍しい商品が並んでいるのだが、そのほとんどは何の力も持たない偽物。けれど、稀に本物が紛れ込んでくるからオーナーの目利きはいいのか悪いのか。 偶然を操作する…

生徒会探偵キリカ1 (講談社ラノベ文庫) [感想]

主人公が入学したのは全校生徒8000人という白樹台学園。外部受験したのに学校については何も知らなかった主人公は、学園で絶大な権力を持つ生徒会に目を付けられ、庶務という役職を与えられてしまう。個性的な生徒会の面々に振り回されながら、学内で起こる…

ギフテッド (電撃文庫) [感想]

世界最高峰の企業、天子峰。その幹部採用試験が行われると聞き集まってきた天才たちは、一次試験をパスして閉鎖都市に放り出される。そこは自衛権以外が認められない無法地帯だった――。 基本的人権なんてものは保障されないわけですが、保障されていないのは…

消閑の挑戦者3 ロスト・エリュシオン (角川スニーカー文庫) [感想]

従姉妹の鈴藤いるるに連れられて、ウォリスランド共和国を訪れることになる小槙たち。そこには何故だか春野祥が一緒にいたりもするのだけれど、事件に巻き込まれていくのは変わらない。”混沌の街”と呼ばれるアウルスシティを舞台に、狂気と戦う。 天才である…

神様のメモ帳 8 (電撃文庫) [感想]

蘇るエンジェル・フィックス。 序盤の話のまとめ具合から短編集かと思っていたら、あれよあれよと話が続いていくのは面白い感覚だった。それぞれの出来事は独立もしているのだけれど、根元では繋がっている。自然な繋がりで違和感無く読ませる文章は流石。 …

神様のメモ帳 7 (電撃文庫) [感想]

公園に住んでいるホームレスの一人は、失踪した自分の父親かもしれない――今人気の若手アイドルから、父親探しを依頼されるアリスとナルミ。さっそく人探しを始めるが、そこに改造したエアガンで武装するホームレス狩り集団の影がちらつく――。 物語はシリアス…

トカゲの王 1 (電撃文庫) [感想]

アクセラさん、何やってるんですか。 ――と読んだ人は一様に思ったことでしょう。口絵を見てもらえれば分かりますが、どこかの禁書に登場する人と似ています。もっとも、似ているだけで彼自身は性格からして似ても似つかない。 まず始めに言っておくと、異能…

カミオロシ 縁結びの儀 (電撃文庫) [感想]

御堂彰彦さんの新作。 学年トップの秀才である玖流緋澄と彼と双璧をなす才媛の識読美古都は、課外授業で神社を訪れる。その神社は最近学校で流行っている恋愛成就の”おまじない”と関連がある神社らしいのだが、おまじないに興味ない二人には関係のない話。け…

”葵” ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫) [感想]

野村美月さんの新シリーズ。 主人公の赤城是光は見た目が怖いことからヤンキーだと誤解されているが、本当は素直で真面目なとても良い奴。そんな彼はろくに話したこともない学園の皇子、帝門ヒカルの葬式に出席するのだが、そこで何故だかヒカルの幽霊に憑か…

涼宮ハルヒの驚愕〈後〉(角川スニーカー文庫) [感想]

国木田と佐々木が印象的。 今までどこか掴みどころのなかった国木田。脇役として最初から登場していた割には、キョンと話すことも少ないし目立っていなかったが、今回は彼に驚愕させられた。驚いたし、そういうキャラクターだったのかと今更ながら自覚させら…

涼宮ハルヒの驚愕〈前〉(角川スニーカー文庫) [感想]

ハルヒ4年ぶりの新刊。 分裂から続いているので上中下らしいのだけれど、そもそも分裂から続いていたことを忘れていた。そんなわけなので、章番号が途中からということすら驚愕の演出なのだな、後編で第1章から話が進むのだなと勘違いしたほどだ。 流石に4年…

ゴールデンスランバー (新潮文庫) [感想]

仙台で行なわれた首相のパレード。その最中にラジコンヘリの爆弾で首相が殺されてしまう。仙台では犯罪抑止として、独自にセキュリティポッドというロボットが絶えず町を監視しているのだが、その映像から容疑者として浮かび上がったのは、数年前に暴漢から…

サクラダリセット5 ONE HAND EDEN (角川スニーカー文庫) [感想]

ようこそ、夢の世界に。 すっぱいブドウとスイートレモン、現実と空想、相麻菫と春埼美空。物事は、視点を変えることで肯定的にも否定的にも捉えることが出来る。どちらが優れているだとかは関係がなくて、全てが表裏一体。 全てが大好きだけれど、大嫌い。…

アリス・イン・ゴシックランド 霧の都の大海賊 (角川スニーカー文庫) [感想]

謎の少女アリスとは――。 19世紀末ロンドン。世間では通り魔殺人や英国海軍の新造艦が奪取されるなど、奇妙な事件が発生し、その裏には秘密結社まで暗躍していそう。スコットランドヤードの貴族刑事であるジェレミーは、ホームズの妹イグレインと共に不可解な…

そして、誰もが嘘をつく (電撃文庫) [感想]

豪華飛行船ティターン号での旅。少年アデルベールは小さなティッカと共に乗り込むが、この船には冒険家、女優、新聞記者、侯爵など個性豊かな人たちが乗り合っていた。そんな中で、世間を騒がす怪盗セニンから、青いダイヤをいただくという犯行予告が届く。 …

メグとセロン VI 第四上級学校な日 (電撃文庫) [感想]

オリエンテーリングで1位を目指す。 いつもの事件を解決する流れではなく、普段のメグとセロンの生活を描いている。写真部の本来のあるべき姿とでもいうべきなのか、健全に部活をしていた。 オリエンテーリングで部活同士が競い合うのだけれど、その中で出題…

この中に1人、妹がいる!3 (MF文庫J) [感想]

迫ってくる女の子の中に、一人だけ実の妹がいる。この妹が誰なのか判明させないことには、彼女が出来ない。――と流れは変わらずだけれど、ラブコメが更に広がった。 国立さんの破壊力が凄い。 これまであまり活躍がなかったからなのか、押しが強いどころか強…

神様のメモ帳〈6〉 (電撃文庫) [感想]

ニート探偵とナルミたちが立ち向かうのは、チャイニーズマフィア。 ラーメンはなまるに、ミンさんの親戚がやってくるのだけれど、その親戚というのはチャイニーズマフィアで。ミンさんの父親である花田勝が起こした事件の責任に、ミンさんが花嫁にされそうに…

ほうそうぶ2 (集英社スーパーダッシュ文庫) [感想]

前置きに、「2」とあるけれど、二巻ではありません。これが一巻。 高校生の皇沙門は名探偵を目指しているのだけれど、中々機会に恵まれない。そこで名探偵である親父への依頼を勝手に引き受けて解決してしまおうと考える。その依頼とはとある学校に出没する…

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 終わりの終わりは始まり (電撃文庫) [感想]

そんな嘘で大丈夫か? みーまー完結。終わりの終わりは始まりということで、作品がテーマとしていたことは変わっていないのだなと感慨深いものがありつつ、ハッピーエンドで締め括られたことにホッとしている。 物語としては、トリックになるほどねと納得し…

“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫) [感想]

前作が中学生だったのに対して、高校生編。 どのように続けるのかと思っていたら、高校生編としてシリーズが続くよう。二巻から読んでも話が理解できる安心設計ですし、短編集の連作形式みたいになっているので、こちらの方がよりマイルドになっていて読みや…

子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫) [感想]

第15回スニーカー大賞 大賞受賞作 ある学校の生徒会のメンバーが、そこに寄せられる悩みを解決していく物語。悩み相談を解決するにあたって、どこかミステリーの犯人を見つけるような要素があり、これに学園ラブコメにも発展しそうな雰囲気とが合わさる。 た…

生贄のジレンマ〈中〉 (メディアワークス文庫) [感想]

流石に上中下という三巻構成。 そんな中での真ん中という立ち位置の本作。正直に表現するなら長いという印象が終始付いて回った。 言い方が悪いかもしれないが、本編通して最終章のパワーゲームへの繋ぎに過ぎないので、そこに至るまでの過程が退屈だ。人数…

二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない (集英社スーパーダッシュ文庫) [感想]

第9回SD小説新人賞 佳作受賞作 パズル感覚の学園青春小説とあるけれど、まさにそれだった。最初は欠片だったものが徐々に組みあがっていき、後に完成する。流れは読んでいて楽しい。 本作は登場人物たちが交換日記をしていくことで、物語が進むのだけれど、…

生贄のジレンマ〈上〉 (メディアワークス文庫) [感想]

土橋真二郎さんの新作ということで購入。 相変わらずの著者らしさが出ていて良かった。人間の醜悪な部分が静かにゆっくり染み出しているのが、いい具合に気持ち悪いです。悪い本性が良く出ていました。 今回は卒業を間近に控えた高校三年生がターゲット。生…