読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

究極残念奥義―賢者無双―~俺が悪いんじゃない、俺のことを無視するおまえらが悪いのだ~ (一迅社文庫) [感想]

全く方向性の違う作品をここまで書けてしまうと、もはや本当に同一人物なのだろうかと疑念が湧き上がってくるわけですが、そういう意味では松山剛先生はとても器用な作家さんなのですよね。電撃文庫では美しくも儚い胸が締め付けられて思わず感涙してしまう…

千の魔剣と盾の乙女6 (一迅社文庫) [感想]

過去編。 バルトゥータスとニーウ、ロックとフィルとエリシア、それぞれの出会いを描いている。ロックたちは力が伴っていない頃の話なので、今となっては雑魚の魔物でも苦戦するどころか死にそうになっているのが、初々しい。 そしてバルトゥータスは今も昔…

千の魔剣と盾の乙女5 (一迅社文庫) [感想]

光の槍(ブリュナーク)を探すために廃墟都市ゴリアスを訪れるロックたちが描かれる。ガーリャでの死闘を生き抜いたので、かなり強いパーティーになったはずだけれども、伝説の武器探索ということで地道な冒険です。 それでも地味ということではないのです。…

千の魔剣と盾の乙女4 (一迅社文庫) [感想]

ガーリャ攻略戦。 失われた島ガーリャを取り戻すために、魔剣使いたちが力を合わせて戦う。前線基地で指揮をとるバルトゥータスの元を訪ねたロックたちは、エリシアの師匠ニーウと、フィルの師匠ナイジェルと再会を果たすが、ロックの呪いを聞いたバルトゥー…

全滅なう (一迅社文庫) [感想]

第九シリーズ。 うわーむずむずするー。心臓を鷲掴みされたかのように胸が痛い。主人公が恋に悩んで何も手に付かなくなってしまう姿が青春だった。 相変わらず主人公は独特の切り口で独白する。その台詞は大抵、一気にまくし立てる様に押し寄せるので何とも…

千の魔剣と盾の乙女3 (一迅社文庫) [感想]

手紙を届けるためにコノートへ向ったロックたちは、祭りに必要な精霊樹の枝を取りに大陸へ行った魔剣使いたちが行方不明になったことを知らされる。救出に向うロックたちだったが、大陸で邂逅したのは過去にロックへ呪いをかけた敵だった。 過去を描きながら…

人類よ私に奉仕なさい (一迅社文庫) [感想]

すべての知的生命体は「支配種族」と「奉仕種族」に分類される。人類は最近発見された知的生命体なので、「奉仕種族」として「支配種族」に奉仕する義務があるらしい。主人公である冥の元に現れた「支配種族」の仮子さんは、人類に奉仕契約を要求する。 学園…

千の魔剣と盾の乙女2 (一迅社文庫) [感想]

魔剣使い王道ファンタジー第2弾。 已む無く実家に戻ったエリシアが結婚させられそうになり、ロックを恋人役にして結婚を逃れようとするのだが失敗し、婚約者を賭けて争うことに。妖精の塔から首環を持ち帰った者が、エリシアとの仲を認められる。 ダンジョン…

萌えるゴミは火曜日に (一迅社文庫) [感想]

ラジャしました。 三号が可愛らしすぎました。可愛らしいという表現が適切かどうかは分かりませんが、とにかく可愛らしかった。冷静に台詞を入れていくキャラクターなのですが、ときたま見せる言動や仕草が良い。 特に「ラジャしました」は個人的に取り上げ…

お嬢様のメイドくん (一迅社文庫) [感想]

主人である咲夜の命令で、全寮制の名門女子高に通うことになった雪風だったが、雪風には一つ問題がある。それは雪風が男だということ。それを隠すために女装して学園生活をおくろうとするのだが――。 咲夜の”自分は何も出来ないのだから雪風がいないと困る”と…

千の魔剣と盾の乙女 (一迅社文庫) [感想]

魔王を倒す正統派ファンタジー。 世界観と設定が予想よりもかなり深かった。可愛らしいキャラクターやラブコメ、魔剣という格好良いアイテムで丸くはなっているのだけれど、改めて考えると殺伐とした世界を描いている。 ――そこが良かった。 主人公のロックが…