読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

終末のフール (集英社文庫) [感想]

終末のフール (集英社文庫)

 

  八年後に小惑星が地球へ衝突することが分かってから五年後の世界。当初は世界中がパニックに陥ったが、残り三年となった今、世界は平穏な小康状態を保っていた。

 

 残りの人生で何をやるのか。

 

 物語に登場する人物は全員が全員とも、三年後に死ぬということを理解している。小惑星が落ちてこないかもしれないだろうと考えたりしながら、でも死ぬのだろうと漠然と考えている。

 

 そういう死を受け入れた人の生き方。

 

 生き方よりは、過ごし方の方がしっくり来るだろうか。どこかやわらかくのんびりしているのだ。

 

 短編集だけれどクロスオーバしつつ、同じマンションに住んでいる住人たちがそれぞれに関わったりしながら話が進んでいく。重い主題とは裏腹に、著者の描く登場人物が楽しく、表現にユーモアに溢れていて、とても読みやすい。

 

 どの話も、最後まで読むと良い話で。どうしてこんなにも人物が温かいのだろうと思う。言動がどれも心地良い。

 

 それらは全てを悟っているからなのだろうか。

 

 読者もいつ死ぬのかは分からないわけだが、いわば作中の人物はそれを明言されてしまっただけで、死ぬことだけは人類全てに平等で。

 

 本作ではその原因を小惑星というSFで、どこか面白味のある脅威として設定していて、だからこそ著者の描く物語が映えるし、生きる死ぬを重たく考えないで読める。

 

 生と死の境界線が限りなく曖昧になっているような世界で、だからこそ生きるか死ぬか、生きることと死ぬことが綺麗に描かれている。

 

 彼ら彼女らの行動は全てが正解であるし、そうなったときに自分がどのような行動を取るのだろうかと、やはり考えてしまうが、しかし考えるだけで答えは出ない。

 

 楽しませてもらいました。面白かった。

 

 Presented by Minai.

 

終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)