読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

それがどうしたっ 1 悪魔に憑かれた時の、ステキな対策 (集英社スーパーダッシュ文庫) [感想]

それがどうしたっ 1 悪魔に憑かれた時の、ステキな対策 (集英社スーパーダッシュ文庫)

 

  穂積真尋は容姿は良いが人付き合いの苦手な少年。人一倍シャイなので、他人に声をかけることなど出来ず、高校では一人ぼっちだった。

 

 そんな真尋の元に、7年ぶりに親父が現れ、何故か美少女をつれてきた。彼女はどうやら悪魔らしく、なんでも願いを叶えてくれるらしい。そこで真尋はある願い事をするのだが――。

 

 これ、この次が面白くなる気がしてしかたない。

 

 というより、一巻では方向性を見せてくれただけにわざと留まって、軸をぶらさずに周りの登場人物も下手に動かしていない。必要なことしかしていないように映り、その見せ方も上手かった。

 

 続刊するとしたとき、一巻の出来としては良く出来ているのではないだろうか。そういう意味で期待できる。

 

 悪魔や願い事など、ある種の典型が設定から垣間見えるので、ファンタジーやらバトルやら、変なことに発展しそうな気配と、大方は頭悪いラブコメだろうと、嫌いではないがそう予想していた。

 

 実際の物語は青春だった。

 

 軽いノリで読めてしまうのはそうだし、ラブコメしないわけではないけれど、最後まで読んだときに何か良いなと思える青春具合。次への期待値がものすごく高かった。

 

 堕天使が駄天使。

 

 悪魔ではなく駄天使という設定。ダメな天使なので駄天使。他にも悪魔にかこつけて仕込まれるネタが微妙に笑いを誘う。何より、悪魔レムが憎めないアホ可愛らしさなので、読んでいて和む。頭ゆるゆるです。

 

 ただ、ときたま間に挿まれるアニメやらのネタ、ネット用語などが物語から浮いて見えた。それらが露骨に挿入されるので、慣れないと詰まるだろう。あとがきにて、ツッコミは無しでと言われたが、やはり躓く。

 

 文章は読みやすく、キャラクター性も良い。登場人物の背景や関係性もこれから明らかになるので、これだけで判断することは難しい。文章で違和感を感じすぎるのか、乗り越えられるのかで評価が変わりそうな作品だ。

 

 Presented by Minai.

 

それがどうしたっ 1 悪魔に憑かれた時の、ステキな対策 (集英社スーパーダッシュ文庫)

それがどうしたっ 1 悪魔に憑かれた時の、ステキな対策 (集英社スーパーダッシュ文庫)