読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

きゅーきゅーキュート! (MF文庫J) [感想]

きゅーきゅーキュート! (MF文庫J)

 

 理刀は毎年能力値99の一般人。能力値が100になると専門の能力開発クラスに移れるので、あと1ポイントを求めて頑張るのだが上手くいかない。そんなとき、魔界の食べ物を食べれば能力が上がると聞いて、魔界の人間スキュースに近付くが――。

 

 その方向性だとは思わなかった。

 

 これまた一巻では判断し難い作品だ。能力開発の部分は置いておくとしても、魔界の食べ物を求めてスキュースに近付くのだから、そこでラブコメなのかなと勝手に解釈していた。

 

 それは間違っていないのだけれど、どうもその過程がなし崩し的というか、行き当たりばったりというか、いつの間にか同じホテルに泊まるというお約束に発展していた。

 

 理刀と一緒に行動して、スキュースがキュートな少女である流れはいいと思うし、最終的なオチもいいのだけれど、そこまでが納得できない。どうにも腑に落ちない。

 

 バトルするとは最初から考えていなかったので、そこは薄めでも気にならなかったが、ラブコメをする上でバランスの悪さが今後出ないかは心配だ。

 

 また、主要なところでの登場人物の多さは気になった。ラブコメするにも現時点でヒロインは一人なので。逆に、姉が666人というのには良い意味で度肝を抜かれた。ここまで姉がいる作品も読んだことがない。

 

 楽に読めてしまうので、何かの合間に読むにはいいかもしれない。

 

 Presented by Minai.