読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

ゴールデンタイム 1 (電撃文庫) [感想]

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)

 

 東京に上京してきた多田万里は、大学の入学式当日にお嬢様な女の子から薔薇の花束を叩きつけられる。彼女は加賀香子といい、入学式で万里と友達になった柳澤光央を追いかけて同じ大学に入学したというのだが――。

 

 大学生で物語が進んでいくのは珍しい。

 

 高校生なら初々しさだったり、一種のバカっぽさも出しやすいのだけれど、大学生になるとそれが変な現実感を生むので、ラブコメするのは難しい。

 

 ラブコメというよりは、年齢が上がっている分だけ男女の恋愛に近付くし、エンタメ性も落ち着いたものになる。本作もその傾向はあって、挿絵が無いところからも一般文芸の方向を感じた。

 

 けれども、著者らしさは残っているし、ぶっ飛んだ設定と登場人物がいることも事実で、上手くバランスはとれている。

 

 自分勝手な香子に徐々に惹かれていく。

 

 思い込んだら猪突猛進な香子さんは、光央と結婚するという完璧な人生のシナリオを描いているわけだけれど、その周りを省みない疾走ぶりに、序盤では嫌悪感を懐くのだが、物語が進むにつれて見えてくる彼女の不器用さにそれも仕方ないのではないかと、途端に愛おしく思えてしまう。

 

 すると今度は、香子のアプローチを断り続ける光央に嫌悪感を懐かざる終えなくなるわけだけれど、これもまた最後に解消される。これらは主人公の万里からの視点で描かれているから感じるものであるだろうし、万里が読者の代弁をしてくれているようで嬉しい。

 

 改めて流れが綺麗に出来ているのだなと感じた。上手い。

 

 終盤の繋ぎも素晴しく、序盤と中盤で構築された関係性をリセットするかの如く複雑化させていて、続きが非常に気になる。

 

 面白かった。

 

 Presented by Minai.