読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫) [感想]

ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)

 

 横浜を舞台にしたくそったれな物語。

 

 まずは、これをライトノベルというのかどうか、やたら擬音が繰り返されたり、主人公の独白が奇天烈で独特。そも、文章が文章の体をなしていないので、書かれていることを直感で捉えるような部類の作品だ。

 

 そんなわけ分からなさなのだけれど、楽しめてしまった。

 

 実のところ、この部類の作品は好き嫌いが自分の中でも二極化していて、これはどっちに含まれるのか、読み始めた段階で疑ってかかっていた。結果としては、好意的に受け取れた。

 

 それもこれも、良くも悪くも、マウスが大暴れしていたからだろう。

 

 主人公のマウスは品位の欠片もなくて、チンピラ然としているキャラクターなのだが、読み進めていく内に彼の良さが判明するので、そこからはマウスが格好良く映る。

 

 誰かの為に自分が傷ついても構わない。損得ではなく、誰かの為になればそれはそれでいいんじゃないの、そんなスタンスを貫くマウス。彼の周りに集まるキャラクターが個性的なのも良い。

 

 姉ちゃん、びがろ、ミチルちゃん、もそうだけれど、AIと本気で喧嘩する主人公が楽しい。

 

 しかしながら、文章が読み難いことは壁であるだろうし、現実を扱っているはずなのに現実を超えた現実で、ダークというよりもハードな内容に耐えられるかどうかは問題。

 

 構成やら何だったのかという突っ込みがないわけではないが、説明を省いたスピード感は素晴しくて、引き込まれたという意味では凄かった。

 

 Presented by Minai.

ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)

ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)