読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

斬光のバーンエルラ 2 (MF文庫J) [感想]

斬光のバーンエルラ II: 2 (MF文庫J)

 

 個人的に好きなシリーズ。

 

 王位継承云々もそうだけれど、まずは設定が好きですし、キャラクターも好感が持てて、可愛らしい。ファンタジーだけれど、ファンタジーらしさを感じさせないような、微妙なバランスを保っているのがまた良いのです。

 

 そんなバーンエルラの大剣を巡っての大冒険は、二巻で少し落ち着いた。

 

 落ち着いたとは言っても、物語が失速しているわけではない。これでも十分なテンポ。ただ、始めての旅からが怒涛の勢いだったので、相対的に幾分か落ち着いたということ。

 

 それに今回はマーティンに占める割合が大きかったので、目的に沿って丁寧に進めていました。

 

 途中、そもそものレネの父親(つまりは国王ですが)、彼が登場したのには驚きました。まさか序盤で登場するとは考えていなかったので。例によってレネは殴っていましたね。

 

 しかし、国王が≪ネタバレネタバレ≫には、唖然としてしまった。いくらなんでも……、という想いがしなくもなかったです。レネの目的の大きな部分が欠けるわけですからね。

 

 加えて、違和感がある反面、ここが上手いところでもあって。マーティンの問題を解決しつつも、レネが新しい目的を見つける切欠になっているし、これ以降に敵に追われる伏線が追加されました。いつかはやるところだと思うので、それが早く解決しただけだと考えると違和感も抑えられます。

 

 キャラクターがやはり魅力的。

 

 今回は特にマーティンが可愛らしくてよかった。口絵、挿絵を見た段階で気付いているとは思いますが、女の子なので、立場ならではの流れから、レネの男らしい対応。更に女の子らしいマーティンの対応と、もう、身悶えしてしまいます。

 

 レネの周りにはハーレムが形成されていますが、それまでが明るい女の子ばかりだったので、冷静な女の子というのは新鮮で良い。可愛らしい。

 

 また、デュランが暗躍しているのも楽しめる要素で、彼が動いてくれることで伏線が着々と出来上がっている。続きが気になります。

 

 面白かった。

 

 Presented by Minai.

斬光のバーンエルラ II: 2 (MF文庫J)

斬光のバーンエルラ II: 2 (MF文庫J)