読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

薔薇のマリア (4) LOVE’N’KILL (角川スニーカー文庫) [感想]

薔薇のマリア (4) LOVE’N’KILL (角川スニーカー文庫)

 

 飛燕イイですね。

 

 テンションが物凄く高いので、そのノリについていくのは大変ですが、ユリカとラブコメしてくれるポジションなら大歓迎。その展開を素直に楽しめました。

 

 飛燕はバカっぽいけどやるときはやるし、戦闘能力的にも強いので、ユリカは飛燕に守られることになる。ZOOのメンバーとして守られることには慣れているけれど、飛燕のような距離感で接してくる人には慣れていない。

 

 戸惑っているユリカは可愛らしかったですし、飛燕の感情をストレートに表現するところは好印象。

 

 また、アジアンが大活躍する話でもあるので、マリアローズとアジアンの関係が、何だが複雑なことになっているのは楽しませてもらった。まさか、荊王が首を突っ込んでくるとは思わなかったので。

 

 新章突入ということなので、まずはその下地作り。暗躍する人と、これから活躍するキャラクター紹介。トカゲ四兄妹との戦いは楽しめましたが、ZOOがお休みしているのは残念。

 

 トマトクンとサフィニアが口絵の様な関係性を維持しているのは良いけれども、髭と三人が欠けているZOOは魅力が大幅ダウン。だからこそのアジアンだろうし飛燕ということなのでしょう。

 

 何にしてもトマトクンは強すぎるので、サフィニアにしても強いので、彼らがいると今回の話は意図しない方向になってしまいますから。

 

 次に繋がる一冊、というところでしょうか。

 

 Presented by Minai.

薔薇のマリア (4) LOVE’N’KILL (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア (4) LOVE’N’KILL (角川スニーカー文庫)