読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

聖剣の刀鍛冶10 (MF文庫J) [感想]

聖剣の刀鍛冶10 (MF文庫J)

 

ルークとユーインが火山に閉じ込められてしまったことで、それからどうなったのかを描いている。ルークはユーインと共に火山の探索を続けるし、セシリーたちは二人を救出に向う。

 

暗闇で高温、ストレスの溜まる空間でのルークとユーインの語り合いというのは熱かった。どこかでルークが逃げていた部分を、ユーインの的確な一言が響く。

 

ルークにしても、それは己が考えた問題で。自分でもそれが正解かは分からないが、一応の答えは出しているつもりでいた。そこをユーインに指摘されたものだから感情が高ぶる。図星でなければそうはならない。

 

セシリーはセシリーでルークのために行動していて。二人の関係性はやはり魅力的だった。

 

問題は今後、刀鍛冶としてどうなるのかということだろう。今までも苦難だらけだったが、これまで以上にどうするのと想像できない。

 

けれど何だろう。面白いなと思った部分はあるのに、素直に楽しめなかった。間が開いてしまったというのはそうかもしれないけれど、これは作品に飽きがきたということなのかしら。

 

 Presented by Minai.

聖剣の刀鍛冶10 (MF文庫J)

聖剣の刀鍛冶10 (MF文庫J)