読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

火の国、風の国物語〈3〉星火燎原 (富士見ファンタジア文庫) [感想]

火の国、風の国物語3 星火燎原 (富士見ファンタジア文庫)

 

過去編。

 

解放軍の指揮官であるジェレイドを主人公に、農民たちを率いるに至った経緯が、アレスとの談話という形で描かれる。ジェレイドとアレス、お互いに正義をぶつけ合う姿が熱い。

 

アレスは国王を信じているので、反乱を起こす前に直訴すべきだったという意見を貫く。反対にジェレイドは貴族が力を持ちすぎているので、国王に直訴したところで変わらないという意見。

 

そんな平行線の中でも、ジェレイドが放った、貴族には理解することが出来ない、という言葉には重みがあった。アレスが善人というのは分かるが、貴族全体がアレスのような人間ばかりではない。

 

アレスにしても、子どものときから貴族だったのだから、農民の苦しみは理解できない。アレスにはアレスなりの苦境があっただろうが、それは貴族という社会の中での苦境だろう、恵まれた苦境なのだ。

 

ジェレイドが主体の話だからか、彼の正しさが際立つ。

 

どこかまだアレスは全体を見れていない。国王を妄信し過ぎているように映り、ジェレイドと邂逅したことでその行動にも綻びが見え始めた。

 

今後、この話がどこにいくのか期待だ。このまま二人は相容れないまま進むのか、それともアレスが反乱軍に力を貸すことになるのか。先が読めないので、とても楽しみだ。

 

残念なところは、過去編というわりには良いところで物語が終ってしまう点だ。物語に深みを出すという目的は果たせているだろうから、これで正解なのだけれど、モンフォードとのやり取りも読んでみたかった。

 

何はともあれ、面白かった。続きも読みたい。

 

 Presented by Minai.