読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

世界平和は一家団欒のあとに〈6〉星弓さんちの非日常 (電撃文庫) [感想]

世界平和は一家団欒のあとに〈6〉星弓さんちの非日常 (電撃文庫)

 

短編集。

 

非日常とはいうけれど、やっていることはいつもと変わらずな星弓家でした。美智乃がダイエット、柚島さん委員長モード、軋人と賞金、姉二人、そしておまけ。

 

柚島さんは相変わらずの可愛らしさでした。美智乃に彼氏が出来た云々で軋人が暴走しそうなところに、柚島さんの失言が混じる。曰く、女の子は漫画の様に助けられたら、その人のことが好きになるのは当たり前の流れだ、みたいな。

 

柚島さんは軋人に一度助けられていますから、これは要するに、軋人のことが好きになりましたと言っているようなもの。軽く告白です。毎回のようにいうけれど、柚島さんは軋人と早く結婚してしまいなさい。

 

そんな二人に加えて、美智乃も可愛らしかった。

 

軋人はシスコンだけれど、美智乃にしてもブラコンで。軋人は妹に彼氏が出来たのを聞いて動揺しまくるわけだが、彼氏らしき男をぶっ飛ばしそうになったりもする。そんな軋人の姿が楽しい。

 

美智乃を背負いながら家に帰る場面は印象深い。

 

そもそも、この話はダイエットしている美智乃の言動で笑わせてくれたり、軋人の格好良さ悪さが見えたり、柚島さん可愛らしかったりでバランスが良かった。

 

この話以外でも、終始、柚島さんと軋人の関係性は魅力で。柚島さんに逆らえない軋人だけれど、そんな軋人を支えてくれているのは柚島さんなので、それを読むたびに早く結婚してしまいなさいと思うのでした。彩美と七美もはないも良かったし、何気に宇宙規模で戦争になりかけたのも良かった。

 

面白かった。続きも読む。

 

 Presented by Minai.