読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

円環少女 (角川スニーカー文庫) [感想]

円環少女 (角川スニーカー文庫)

 

設定が凄く面白い。文章は凄く読み難い。

 

幾千もある魔法世界で、罪を犯したものが落とされる地獄、それは地球。ここへ落とされた魔導師メイゼルへ与えられた罰は、地獄で敵対魔導師100人を倒すことで。刻印魔導師を管理する公館の武原仁と共に戦いへ。

 

まず面白いのは、幾千の魔法世界があるけれど、それぞれの世界には違った魔法体系があって、世界の数だけ魔法があるということ。魔法自体も練りこんであって魅力的。

 

また、地球が地獄と忌み嫌われているのは、人類が魔法キャンセル能力を持っているからというのが良い。魔導師からすれば最悪の世界なのだと納得した。魔法を使える魔導師は、地球人と出会うだけで最弱になるというのが面白い。

 

メイゼルが可愛らしい。

 

彼女が小学生で大人ぶっているのが良い。メイゼルは仁が大好きなのだけれど、仁は大人なのでメイゼルの好意をするっと流す。けれども、仁もたまに保護者を超えた愛情をメイゼルによせている気がして。その関係性が楽しい。

 

メイゼルは小学生だが、仁は小学生であるメイゼルを監視する名目で教師もしているので、魔法のことで戦っている時と、日常との差が読めるのも魅力。

 

設定もキャラクターも凄く面白いですし、楽しい。けれども、それと反比例するかのように物凄く読み難い。これは説明するのが難しいけれど、描写は凄く丁寧なのだけれど、キャラクターがキャラクターとして動いていて何だかバランスが悪く映るというか。

 

キャラクターは楽しいし魅力的なのだけれど、感情移入はし難いというか、イラストに引きずられる部分が大きくて、人物を想像し難い。

 

文章の読み難さを克服できれば凄く面白い作品。

 

 Presented by Minai.

円環少女 (角川スニーカー文庫)

円環少女 (角川スニーカー文庫)