読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

百億の魔女語り2 やっぱり都会の女なのね、そうなのね。 (ファミ通文庫) [感想]

百億の魔女語り2 やっぱり都会の女なのね、そうなのね。 (ファミ通文庫)

 

騎士候補生のアルトは、都会であるカイゼルに招待したエーマたちを案内するはずが、何故だがフォリーナ姫の護衛をすることになり、姫様と町を見て回ることに。

 

フォリーナはクローブが大好きなので、当然アルトの活躍も知っている。だからこそアルトのことも大好きなのだけれど、エーマはクローブのことを知らない。

 

そこでの差はあるけれど、フォリーナにしても卒業証書のために魔女になったことは知らないわけで。エーマがフォリーナのことを意識しているのが楽しい。

 

アルトを取りあっている構図にはなるのだけれど、アルトはそれに気付いていないし、フォリーナにしても自然なので、ライバル心を燃やしているのはエーマだけになる。

 

ラブコメな展開に満足でしたし、そこからの波乱も楽しめて、アルトの格好良さも出ていてバランスが良かった。

 

モニカがマスコットキャラになっているのも可愛らしかった。迷子になっても無言でスケッチを続け、無言でリンゴを食べる姿は小動物を連想させる可愛らしさ。

 

面白かった。続きも楽しみ。

 

 Presented by Minai.