読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 終わりの終わりは始まり (電撃文庫) [感想]

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん10 終わりの終わりは始まり (電撃文庫)

 

そんな嘘で大丈夫か?

 

みーまー完結。終わりの終わりは始まりということで、作品がテーマとしていたことは変わっていないのだなと感慨深いものがありつつ、ハッピーエンドで締め括られたことにホッとしている。

 

物語としては、トリックになるほどねと納得しつつ、みーくんやるじゃんと感想を漏らしながら読んでいたのだけれども。続いてきた事件の流れとしては、物足りなく感じないでもない。

 

描きたかったのはそこではないだろうから、良いけれども。むしろ、これくらいあっさりしていた方が良かったとコレを書きながら考えを改めました。

 

幸せの裏に不幸があり、不幸なら表には幸せがある。登場人物にとって何が幸せかなんてのは一概に言えないけれど、みーくんとまーちゃんにとっては幸せな終り方に違いない。

 

それは登場人物に限ったことではなく読み手にも当てはまることで。そうやって考えを廻らせつつ、エピローグで締められる物語に染み入る。読後感はあっさり、でも心に残る。

 

今まで楽しませてもらったシリーズが終ってしまうのは寂しくもあり、終ったところに立ち会えたというのは嬉しくもあり。何はともあれ面白かったです。次回策にも期待しております。

 

 Presented by Minai.