読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

世界平和は一家団欒のあとに〈7〉ラナウェイキャット (電撃文庫) [感想]

世界平和は一家団欒のあとに〈7〉ラナウェイキャット (電撃文庫)

 

刻人のクラスメイトで、神様と呼ばれるほどの予知能力を持っている少女、梢が予知したところによると、あと一週間で世界が終ってしまうかもしれないらしい。この後、刻人と共に梢が家出してしまい、二人を追う軋人の前には謎の黒服が――。

 

刻人が主役のお話であり、久しぶりに本格的な世界の危機を救う話で、非常に満足できた。兄弟喧嘩で世界を救うかどうかを決めてしまうのは、流石は星弓家だ。

 

今回のヒロインである梢の置かれている状況が、どこか軋奈に似ていて。梢を巡っての刻人と軋人の兄弟喧嘩というのもどこかで見たことがある構図で。刻人もそれを意識している。

 

そんな中で、猫はどこに行きたかったのだろう、という刻人の言葉が響いてくる。絶対に譲らない刻人の意地が見えたし、それを承知の上で損な役回りを演じる軋人も良かった。

 

また、刻人の視点ではなく梢の視点が描かれることで、彼女が少しずつ刻人に惹かれていくのが読み手としても嬉しかった。最初はただ刻人を上手く使ってやろうとしているのだけれど、刻人の優しさだとか不器用さ真面目さに心動かされているのは青春だった。

 

他のクラスメイトには素顔を見せない梢が、刻人には心を許していくのが、読んでいて心が温かくなるし、物語が進むごとに感情移入していってしまう。梢は序盤と終盤での印象が大きく変わったキャラクターで、大好きになった。

 

物語の終わりにしても、刻人と神様のやり取りは印象的で、どこか儚さがあるのが良い。刻人の言葉を遮った神様、刻人は何を言葉にしようとしたのだろうか。

 

面白かった。今後は刻人と梢のラブコメにも期待したい。

 

 Presented by Minai.