読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

ヘルカム! 地獄って、ステキだと思いませんか? (富士見ファンタジア文庫) [感想]

ヘルカム!  地獄って、ステキだと思いませんか? (富士見ファンタジア文庫)

 

第22回ファンタジア大賞 読者賞受賞作

 

主人公は普通を嫌う高校生で、いつも突飛な行動をしたがっている。そんな彼の前に現れた那由多という少女。彼女は地獄の広報委員だといい、地獄のイメージアップに協力してくれるように依頼してきた。

 

天国のイメージが現世でいいのは、天国側の人たちがイメージアップを図っていたからで、本当の地獄は現世の人間が考えているような酷いところではない。

 

設定はなるほどなと納得したけれど、読むと物足りなさが残った。一冊で序章という印象が強く、これからというところで物語が終ってしまうのは残念。

 

というのも地獄のイメージアップ作戦が、まずは主人公の高校からということで、那由多は主人公の高校に転入して地獄アピールをする。けれども、ここに天国側の妨害が入り込んできて、バトルな展開に。

 

これが一端の収束を見るのだが、そこで終ってしまう。タイトルの謎もその後で判明するが、これもまたここから始まるよ、という印象で。どこか煮え切らなかった。

 

また、主人公を単体で見てしまうと突飛な行動に馴染めず、印象は良くない。逆に、どこか抜けている那由多は可愛かった。カラオケで一喜一憂できる性格なのが好印象でした。

 

物語としては、設定などを読ませつつ、キャラを説明し、ちょっとした盛り上がりも用意して、楽しめたには楽しめたけれど。あくまで、これから、なのですよね。

 

続きに期待、といったところでしょうか。

 

 Presented by Minai.

ヘルカム!  地獄って、ステキだと思いませんか? (富士見ファンタジア文庫)

ヘルカム! 地獄って、ステキだと思いませんか? (富士見ファンタジア文庫)