読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫) [感想]

ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)

 

――こんなの伊織じゃない。

 

太一が伊織に告白するところから物語は始まる。これまでで二人が両想いであることは分かっているので、素直に付き合い始めるのかと思いきや、何故だか太一はフラれる。そこからというもの、伊織の態度は変わり始める。

 

感情伝導という現象が5人の関係を掻き乱す。

 

アトランダムに自分の感情が誰かに伝わってしまうこの現象で、お互いに疑心暗鬼になり、とりわけ伊織という女の子が分からなくなってしまう。稲葉などはどうして太一がフラれたのか混乱し、太一は当然に落ち込んでいるし、伊織はクラスで浮き始める。

 

伊織のための話であり、稲葉のための話。

 

今回は現象を解明したり、ふうせんかずらと衝突したりで5人が乗り越えていくというよりは、伊織が先に進む話で、その過程で稲葉と太一が成長していく話になっていた。

 

伊織の感情が爆発してからの叫びは、そのまま読み手の気持ちにも映って良い。ふうせんかずらって何なんだ、そもそもこんな現象が起こったら怖い、今まで平然と乗り越えてこれたことが普通じゃない。

 

これまで起こった現象の数々は自分自信の否定にも映るし、伊織は酷い目にあっている分を含めて一番影響を受けていた。――それでも突っ走っていくのは青春なのかな。

 

伊織の絶叫を受けてから、稲葉がそれを知るかと吹き飛ばす。

 

バランスや普通に固執するあまり、そこからどんどん乖離していった伊織。だから極端に明るい伊織と暗い伊織が生まれてしまって、それを自分が受け入れられないどころか、自分が分からなくなってしまう。

 

太一と稲葉と向き合って言い合うことで、伊織の視点が変化できたし、伊織が伊織を理解出来た、もしくは理解できる気がしてきた瞬間がそこにはあって、何かそういうのいいなと思えた。

 

面白かった。続きも期待しています。

 

 Presented by Minai.

ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)

ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)