読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 1 リア中ですが何か? (ファミ通文庫) [感想]

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 1 リア中ですが何か? (ファミ通文庫)

 

第12回えんため大賞 優秀賞受賞作

 

主人公のあすみは、ある日、怪しい虚無僧に出会いコンタクトレンズを渡される。学校でそれを付けてみると、際どい格好をした少女たちが見えるようになった。その少女たちは男子の妄想から生まれた妄想少女なのだが、何故だかあすみが恋する高柳には妄想少女が見えなかった。

 

中学生というのもそうだけれど、主人公が女の子というのは珍しい。恋愛を描いていく上で女の子らしさが出ていたのは良かったですし、笑いの部分も好きになれた。

 

妄想少女という設定も、男子が思い描いている理想の女子、ということなので、妄想症所自体が凄く良い人ばかり。これを男の読み手が読むのだから、女主人公でもアリなのかと変な納得をしてしまいました。

 

それに、妄想少女は相手が考えている理想の自分、という側面も持っている気がした。誰もが相手のことをあの人はこういう人、という具合に自分の中で決定付けているけれど、相手もそれは同じで、自分も一人だけれど相手の中の自分も一人で。出会って人全てに違う自分がいる。

 

読み進めていく上で、リサが大変なことになるわけだけれど、そこからもそういうことなのかなと。

 

高柳のことになると焦ってしまうあすみの可愛らしさ、恋は凄いエネルギーを持っている。妄想少女との友情も良くて、コンタクトをしないとあすみは彼女たちのことを見れないし、彼女たちも男子の妄想がいつ消えるか分からない。切ない。

 

面白かった。続きはもっと面白くなりそう。

 

 Presented by Minai.

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 1 リア中ですが何か? (ファミ通文庫)

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 1 リア中ですが何か? (ファミ通文庫)