読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック 2 (ガガガ文庫) [感想]

ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック 2 (ガガガ文庫)

 

物語はファンタジーだけれど、ミリタリーということで、そこは今回も新鮮に読めた。エルフやドワーフ、トロールなどがいる世界で、焦点は人間たちの特殊部隊。

 

リョウトを主人公に、剣と魔法が飛び交う中で、現代の銃や爆弾といった単語が脳裏を霞める。戦場は軍馬や騎士、魔術師がいるのだけれど、何故だか火薬のニオイが鼻をつく。

 

一見ミスマッチにも映る要素が上手くかみ合っているのが、そのまま作品の魅力。

 

二巻は軍事強国マルランダへの潜入任務。マルランダは魔女による独裁が行なわれており、逆らうものは容赦なく殺される。そこで、リョウトたちが極秘に独裁者を暗殺することに。

 

もちろん、これはただの善意ではない。非正規作戦をするからにはそれなりのメリットがあるからで。そこは政治的なやり取りも含まれる。そこら辺はシビアで、登場人物にも容赦ない。

 

いつでも死ぬ環境がそこにある。

 

本当に誰が死ぬか分からない。過酷な環境を忠実に、地獄をそのまま、残酷さはより残忍に。そしてエロいところはエロく。とにかく表現が強烈なのは、著者らしさ。

 

キャラクターたちが必死に生きているし、死を鮮烈に描くだけに生きることが輝いている。

 

潜入任務をするにあたり、冒険者を装うのだけれど、このパーティーが本当に冒険者だったらと思わずにはいられなかった。このメンバーならどんなモンスターにも負けないだろう思わされたので、ついダンジョンを攻略するファンタジーを期待してしまった。けれども、彼らは軍人。

 

作中でもリョウトが思い描くのだけれど、その後でゲオルギウスが言葉にするものだから、読み手までもが変な連帯感で繋がってしまった。酒場でそれを言われたら、否応なしに仲間意識が生まれてしまう。

 

最後は、銀腕のコルテスとの決着がどうなるのか、楽しみながら読んでもらいたい。面白かった。

 

 Presented by Minai.