読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

はたらく魔王さま! (電撃文庫) [感想]

はたらく魔王さま! (電撃文庫)

 

第17回電撃小説大賞 銀賞受賞作

 

勇者に敗れた魔王は異世界に逃げたのだけれど、その逃げた先は「日本」だった。不運にも地球には魔力がなく、魔法が使えない。しかも、魔王は人間と同じ身体になってしまい、元の世界に戻れなくなってしまう。

 

現代社会の厳しさを魔王は知る。

 

日本では戸籍がしっかりしていなければ何も出来ない、仕事を見つけるにしても、住所がなければ話にならない。国民健康保険は死ぬほど大切である。六畳一間のアパートを借りて、フリーターとして働きながら、世界征服を夢見る。

 

駅前のファストフード店には魔王がいます。飛び切りの笑顔を振り撒いての接客。見事に現代社会に順応した魔王の姿がそこにはあって、そのコミカルさが良かった。

 

世界征服は正社員になることから。そこから店長を超えて経済の力で世界を征服しようと考える魔王。日本で生活していく内に、異世界での自分を忘れてしまったかのような言動が微笑ましい。

 

勇者エミリアはそんな魔王を倒すために日本にやってくるのだけれど、現状の魔王と出合って戸惑う。あまりにも平和すぎる魔王だったから。そんな彼女も日本に順応しているのが面白いですし、ふとしたことで魔王の身元保証人になってしまう。

 

魔王と勇者のゆるゆるな関係が魅力。

 

アルバイト先の千穂ちゃんと三角関係みたいになっているのも楽しめた。終盤には魔王と勇者が協力するが、それがまた良い。シチュエーションが既に笑いなので、終始明るい雰囲気が漂っているのが好きになれた。

 

面白かった。期待させる終わり方なので、続きが楽しみではある。

 

 Presented by Minai.

はたらく魔王さま! (電撃文庫)

はたらく魔王さま! (電撃文庫)