読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

はるかかなたの年代記 2 荒ましき驃騎兵 (集英社スーパーダッシュ文庫) [感想]

はるかかなたの年代記 2 荒ましき驃騎兵 (はるかかなたの年代記シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

 

「喚象」と呼ばれる異能力を勉強するフラムスティード学院。学院の生徒であるユウは、同じく生徒であるカティアを守ることを約束した。そんな中で、精鋭とされる驃騎兵にカティアの捕縛命令が下される。

 

キャラクターが魅力的。

 

世界観と設定が気に入ってしまっているので、どう読んでも面白いのだけれど、改めてキャラクターが良く出来ている。それはユウ、カティア、クリスの主要な人物含め、敵に至るまで、個々の良さがある。

 

それぞれを丁寧に、気を使っているとでも表現すればいいのか、作品を読めば分かるがこれだけ多くのキャラクターを動かしているのに、文章が破綻していないのは凄い。描き方も考えてくれているので、敵を好意的に受け止められるのは、今後の展開を踏まえているのと、シリーズとして全体が考えられているように映った。

 

中盤まではラブコメ。

 

ユウとカティアという図が出来上がっていたけれど、そこにアレットが急接近していく。アレットがユウに好意を寄せていることを察するカティアは、それを良い事としつつも、気持ち悪い感情が残る。それは不安、焦り、嫉妬、カティアも分からない。

 

人とは違う、そう考えてしまうカティアだからこその葛藤であるし、素直に祝福したり感情を出せないことに、また考えをめぐらせる。そんなカティアの気持ちの揺らぎが読みどころであるし、この悩みを打ち明けたのが――というのも大きい。

 

戦いがとにかくスタイリッシュ。

 

全員が瞬間移動を使えるので、一種が魔法使いの戦いなのに肉弾戦の様相を呈す。「喚象」を打ち合って、相殺、回避とスピーディーな展開に、個人の固有技も飛び出すのだから格好良すぎる。

 

また、今回はクリスの能力も判明するわけだけれど、これがまた異常な強さだ。ユウの能力も最強だと感じたが、クリスもいい加減に出鱈目だ。加えて、敵も強いので、戦いが最初からラスボス戦。スケールが大きさに大満足。

 

面白かった。続きも楽しみにしています。

 

 Presented by Minai.