読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

ウィザーズ・ブレイン〈7〉天の回廊〈上〉 (電撃文庫) [感想]

ウィザーズ・ブレイン〈7〉天の回廊〈上〉 (電撃文庫)

 

北極を舞台に、シティ・ニューデリー、シティ・ロンドン、賢人会議がぶつかる。

 

主要キャラクターたちが集まっていく展開にはワクワクが止まらなかった。ヘイズは独自に北極入りしていたり、そこに黒沢祐一が絡んできたり、ファンメイとエドが久しぶりに登場したり楽しめることが多い。

 

クレアはヘイズと一緒にいるのだけれど、二人でいるときのクレアがとにかく可愛らしい。ヘイズの自然な言動がクレアの心を穏やかにしない。クレアのさり気ないヘイズへの好意に悶える。

 

ファンメイにしても、騎士に強いことは分かっていたけれど、まさかディーを圧倒するまでに強いとは思わなかった。彼は間違いなく最強だが、相性というものを改めて認識。

 

そして、物語は大気制御衛星へ。

 

選ばれたメンバーがこれまた面白い。地上と分かれてしまったけれど、この分かれ方も面白いものがあって、次がどうなっていくのか非常に楽しみだ。

 

ページが減れば減るほどに面白さやワクワクが増していくので、読んでいてとても楽しかったし、満足できる時間だった。

 

 Presented by Minai.