読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

ご主人様は山猫姫 7 北域見習い英雄編 (電撃文庫) [感想]

ご主人様は山猫姫 7 北域見習い英雄編 (電撃文庫 た)

 

ミーネ、顔。

 

新章に突入とか、南域でも騒乱だとか、そういう物語に関わってくる部分ではなく、妙に好きになってしまったのは序盤でミリンをからかうミーネだった。

 

光凛に好意を寄せているが、それを隠しているミリン。光凛の前では素直になれないミリンだが、その可愛らしさがミーネによって暴露され、ミリンは顔を真っ赤にして恥ずかしがる。そこの挿絵がなんとも絶妙。

 

まさに顔。これは文章で表現するのは難しいというか。イラストにされてその面白さが跳ね上がるというか。楽しませてもらいました。正直、笑いました。

 

さて、物語の方は新章の始まりということで、伏線が多い。これまでの物語の流れを発展させながら、組み込まれたギミックに期待してしまう。周囲の動かし方が上手いので、物語が晴凛だけではないことを印象付けられる。

 

南域での戦いなどはまさにそうで、読み始めたときは物語がここまで大きくなるとは思わなかった。北域から革命を起こすのだろうとは想像していたけれど、南域で別の反乱が起きるとは。これから北域とどのように関わっていくのか楽しみ。

 

また、恒例となりつつある料理対決も良かった。ラグマンと塩から経済の方向に話が進みつつあるのは流石だった。文章も相変わらず読みやすくて満足。

 

面白かった。

 

 Presented by Minai.