読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

ライフアライヴ! キミと始める学園総選挙 (MF文庫J) [感想]

ライフアライヴ!  キミと始める学園総選挙 (MF文庫J)

 

あさのハジメ先生の新作且つ、イラストレーターはゆーげん先生ということで購入しました。MF文庫としてキャンペーンをうっている中でのトップバッターですから、編集部の本気具合が分かります。

 

ここ数年間アニメ化された作品が多かったので特にそう感じますが「ヒロインの秘密を守る」、「偽の恋人になる」といった系統の話は数種類ありました。その中には、あさのハジメ先生の「まよチキ」も入っていましたね。思えばまよチキ」がそんな作品群ブームの先駆けだったように思えます(2009年ごろより前だと「おとボク」とか? あれはちょっと違う気がするけれど)。

 

この「ライフアライヴ!」も、偽恋人になるという意味で、そんな作品群の一つに入ることになるのだけれど、あえてこの2014年に、しかもまよチキ」の著者が同じジャンルで勝負しているのが何とも感慨深い。

 

まるで、そのジャンルが持っているポテンシャルを一番引き出せるのは自分だといっているようですし(言いすぎでしょうか?褒めてます。)、ただ単に人気の傾向だから、新作に取り入れただけかもしれないけれど、それでも前述の通り編集部からの本気具合を伝わってくるので、これは売りに来ているなと思うし、アニメ化も狙っていると思います。

 

内容だってあらすじから想像できる通りに面白い。相変わらず主人公は振り回されるし、予想外の角度から飛んでくるツッコミだって健在だし、独特の台詞回しだって鈍っていない。まさにあさのハジメ先生の作品。

 

ただ、学園生徒がジミ子を蔑んだり馬鹿にしたりする描写には嫌悪感を抱いてしまって、正直ちょっと引きました。狙って書いているのだろうから、狙い通りなでしょうけれど。。。選挙戦のプロパガンダ効果で、蔑んでいた生徒たちが手のひら返したようにジミ子を持ち上げて、また相手のプロパガンダで馬鹿にされての展開には、予定調和ではあるが、引いてしまった。

 

いつものように主人公はあさのハジメ節で叫んで青春するが、そこも少し弱かったので、シリーズが続くにつれて面白くなっていくタイプの作品な気がしました。一つ確実に言えることは、今後要チェックの作品だということでしょう。

 

 Presented by Minai.