Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

2011-01-16から1日間の記事一覧

火の国、風の国物語4 暗中飛躍 (富士見ファンタジア文庫) [感想]

まさに一騎当千。 アレスがやってくれます。今回は王国軍側と反乱軍側の両方から暗殺されそうになるアレスを描いているわけだけれど、これが異常なほどに死なない。 読み手はパンドラの存在を知っているので、アレスの未来予知的な勘の良さの理由は分かって…