読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

シャドウ・ネゴシエイター神魔の交渉人 (角川スニーカー文庫)

シャドウ・ネゴシエイター神魔の交渉人 (角川スニーカー文庫)

 

世界には神や魔といった隣人が住んでいるが、中には人間世界を脅かす者もいる。それに対応する特別な組織、影の外務省。ここに所属する新米交渉人の杏司は、いきなり連続少女失踪事件を任されることに。

 

ネゴシエイターということで、期待していたのは交渉だったのだけれど、その交渉が微妙。あらすじを読まずにタイトルだけで購入したのだけれど、もっと交渉のウェイトが大きい印象を持っていた。

 

バトルや戦いでの異能ではなく、違う方向にもっていったのは良いけれど、まずは骨のある交渉をして欲しかったのが正直なところ。相手から情報を出させる部分で、皮肉的な台詞回しを使ったり、相手を罠にはめるような展開が欲しい。

 

相手とのやり取り、雰囲気で物語を引っ張っていくのを期待した。

 

登場人物の女の子は可愛らしいですし、猫がいたりして面白い。ラブコメだったりにも振れる広さがあるのは良いですし、個性はある。

 

やっていることは面白いと思うけれど、全体を見ると微妙。

 

 Presented by Minai.

シャドウ・ネゴシエイター神魔の交渉人 (角川スニーカー文庫)

シャドウ・ネゴシエイター神魔の交渉人 (角川スニーカー文庫)