読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

俺のコンビニ (メディアワークス文庫) [感想]

俺のコンビニ (メディアワークス文庫)

 

  東京で挫折した良平は故郷に戻り、実家の商店を手伝うでもなく、一人何もせずに過ごしていた。しかし、母親の代わりに店番をしたことで、やはり自分は店が好きなのだと気付き、コンビニを立ち上げようと決意する。

 

 物語はそのままコンビニエンスストアを経営する話。普段はお客として使うコンビニの裏が描かれており、従業員である高校生たちと困難を乗り越えていく。

 

 面白くないわけじゃない。ただ、おしい。

 

 コンビニの成り立ちなどは輪郭だけは知っていたが、詳しいところは知らなかったので興味深かった。けれども、営業開始してからのことがあまり描かれないのでそこが残念。

 

 あくまで、主人公がコンビニを開店させるまでの頑張りを、高校生たちと青春しながら描いていて、読みたかったコンビニ経営の部分はあまりなかった。

 

 あらすじを読まず、タイトルだけで購入したのだけれど、タイトルだけで内容を想像してしまったのが裏目に出た。

 

 高校生の青春は良かった。開店に合わせて雇った高校生たちは、それぞれタイプが違うし、研修を通してその関係性が変化していくのは面白い要素だ。

 

 ただ、せっかく面白い人達をそろえたのだから、そこでもっと広げて欲しかった。全体的な構成としても、開店するまでの主人公を描きすぎて地味になってしまっている。

 

 他店と競い合うような部分を読んでみたかったのです。

 

 Presented by Minai.

 

俺のコンビニ (メディアワークス文庫)

俺のコンビニ (メディアワークス文庫)