読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

クロノ×セクス×コンプレックス〈3〉 (電撃文庫) [感想]

クロノ×セクス×コンプレックス〈3〉 (電撃文庫)

 

 うーん、飽きてきてしまいました。

 

 タイムトラベルやらの要素は良いのだけれど、恐竜がいる時代に行ってしまったのは何だがよく分からないし、作品の雰囲気に違和感を感じた。間違ってはいないけれど、違う気がする。

 

 今回はクロックバードの三村が、日本のミムラと出会うことになり、これまでの謎が繋がっていく話だけれど、ミムラの黒さには驚いた。想像していたところの逆だ。

 

 入れ替わってしまったことをどうにかする方向ではないのかと。

 

 小町と朔太郎の関係性も興味深くて、これからは彼女を取り戻すために動くのだろう。オリンピアの行動が三村の行動を決めてしまった。手の届きそうなところまでいっただけに、決意は固い。

 

 司書の正体はどことなく気付いていたけれど、そこに落ち着いた。これを考えると、三村が頑張っていることがやるせなくなる。悲しい。

 

 そんなわけで、楽しめたところは楽しめているのだけれど、物語が一気に重くなってきたからなのか読んでいて辛い。

 

 Presented by Minai.