読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

喰-kuu- (MF文庫J) [感想]

喰-kuu- (MF文庫J)

 

 第6回MF文庫Jライトノベル新人賞 優秀賞受賞作

 

 肘を壊して野球を辞めた主人公ハチがバイト先で見たのは、30分で完食したら無料になる特大ラーメンを啜る女の子の姿。今まで誰も頼んだこともないメニューを注文し、あまつさえ完食してしまうその姿に、ハチは一目惚れしてしまう。

 

 そんなハチが、大食い少女の井ノ原みのりに告白したことで物語は始まる。

 

 大食い、早食いをテーマに、主人公たちの青春を描いている。ハチは野球が出来なくなったことで、心に隙間を感じていて、序盤では大食いにそこまで興味がなさそうまでも徐々にその魅力に取り付かれて本気になっていく。

 

 学校に大食いの部活があるというのも、この類の話らしい。この部活を中心に物語は描かれる。先輩たちは個性的でそれぞれ得意があり、彼らに大食いの店を紹介されたり、早食い大食いの方法を学んだり。

 

 最終的には三十人前のラーメン「食神」完食を目指す。

 

 設定は大食いということで目新しさもありますし、面白い。ただし、主人公が大食いに本気になっていく流れはいいけれど、そこまで本気になる理由が弱い印象。野球に向けていたものを大食いに向ける、ということに対して読み手として納得しきれなかった。

 

 また、自分との孤独な戦いになってしまっているのも残念で、苦しいだけになってしまっている。食べていることが苦痛なので、完食したときも達成感というよりはやっと苦痛から脱出したという印象に映る。

 

 そういう意味では説明に使った一巻だったので、中盤で読めた先輩と競い合うような展開が今後読めれば面白くなりそう。

 

 Presented by Minai.

喰-kuu- (MF文庫J)

喰-kuu- (MF文庫J)