読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

Re(アールイー):バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫) [感想]

Re(アールイー):  バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)

 

銀髪にオッドアイで日常を過ごしている主人公は、アニメ的ゲーム的な世界に憧れてはいるが、至って普通の高校生。ある日、クラスメイトを追いかけたら本当に異能を獲得してしまって、世界の真実を知ることに。

 

痛々しい主人公に耐えられるのかが鍵。

 

それが全てといってもいいけれど、これが無理な人は読んではいけない。主人公も最強ではないし、どちらかというと情けなさが目立つので、ここでも人を選ぶだろう。

 

けれども、熱いところは熱い。重要な場面では良い台詞を言うし、この主人公は嫌いではない。自分勝手さはあるけれど、アルルを守りたいという気持ちは伝わった。

 

能力云々も興味深いといえば興味深い。強力な能力なのに、それぞれが抱えているトラウマだったり、負の感情がアンチテーゼとして内包されているというのは良い。そして、技名が格好いいのに微妙すぎる光一の能力、彼らしい。

 

ラブコメは上手いと思えました。適度にギャグを挿みつつ、光一が永遠と酷いことになる。ロリ宮さんが魅力的なので、彼女で物語が明るくなったり暗くなったりして、それを見ているのは楽しい。

 

痛さが大丈夫なら面白い作品。癖はあるけれどつまらないわけじゃない。

 

 Presented by Minai.