読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫) [感想]

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)

 

 うーん、久々に試召戦争が再開できるようになって、期待していたのだけれど、何だか物足りない印象が強かった。

 

 というのも、実際に試召戦争をするのは物語の後半で、それ自体もおまけのような扱いなので、何とも消化不良。次巻で物語が動くというような構成になっている。

 

 明久と姫路さんの関係。

 

 姫路さんと一つ屋根の下で暮らすことになった明久。玲さんがいるとはいえ、これは立派な同棲なので、どぎまぎする明久を見るのは楽しいです。

 

 同棲していく中で、鈍感すぎるほどの鈍感だった明久に変化があったのは良かった。姫路さんの気持ちにはまだ気付いていないけれど、そうなりそうな流れが出来た。

 

 また、例によってクラスの面々は人の幸せを祝えない人達ばかりなので、当然に明久は異端者として捌かれるといういつもの流れも健在。そこに関わってくる冒頭での雄二と翔子の会話。

 

 何であんなことを言ってしまったのか。

 

 相変わらずの足の引っ張り合い。バカばかりで、そこは楽しめましたし、面白かった。けれど、アキちゃんネタも含めて、全体的にバランスが悪かった。

 

 試召戦争が読みたかったのが大きくて、かといって姫路さんとの同棲も案外あっさりしているので、楽しめるけれど物足りない。

 

 Presented by Minai.