読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

星界の紋章〈2〉ささやかな戦い (ハヤカワ文庫JA) [感想]

星界の紋章〈2〉ささやかな戦い (ハヤカワ文庫JA)

 

 人類統合体からの攻撃を受けて、巡察艦ゴースロスから脱出したジントとラフィールは、フェブダーシュ男爵領にて補給を受けるがジントは監禁されてしまう。

 

 ジントが監禁されていることを知ったラフィールはそれを助けに、ジントは前男爵スルーフと協力して脱出を図る。二人は惑星クラスビュールへ向うが、そこは既に人類統合体により占領されていた。

 

 物語は宇宙から地上へ。

 

 それまでは宇宙での話だったので、ジントはラフィールに振り回されるばかりの印象だったのだが、地上へ降りた途端にジントがラフィールを引っ張る。

 

 ラフィールは宇宙に詳しいが、地上の常識はあまりないし、地上へ来たのも始めてだという。ジントしか頼るものがいないので、そこで可愛らしさが出ていた。

 

 強気なのだけれど、不安になっているラフィールがジントの視点から透けて見える。

 

 また、髪を染める段になったときのラフィールの慌てぶりには和んだ。青い髪が好きなんだと、染める理由は理解できても納得できない。好きな場面の一つだ。

 

 そして上手いのは、ジントがラフィールを引っ張りつつも、肝心要で活躍するのはラフィールだということ。これで二人がお互いに引き立っている。

 

 言葉の掛け合い、皮肉や讃辞、キャラクターの動かし方が本当に上手い。

 

 面白かった。

 

 Presented by Minai.

星界の紋章〈2〉ささやかな戦い (ハヤカワ文庫JA)

星界の紋章〈2〉ささやかな戦い (ハヤカワ文庫JA)