読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Infinity recollection

ライトノベルを中心に感想を載せているサイト。リンク+アンリンクフリー。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫) [感想]

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫)

 

 黒猫さんマジ白猫。

 

 可愛らしさが半端ではなかったです。台詞や仕草から自然と発生する溢れんばかりの可愛らしさ。さり気なく京介に向けられる好意、あまりのもどかしさに悶え、可愛らしさに悶えます。

 

 これまでの黒猫も京介のことは好きだろうという行動はしていましたが、そこまであからさまに好きですというのを表現しなかったというか、次のステージに進もうとはしていなかったように映っていたのだけれど、今回は違う。

 

 桐乃と京介のデートを目の当たりにして、意識する。

 

 そもそも物語は、ある理由から京介が桐乃の彼氏役をすることになり、デートするのだけれど、実は桐乃には本物の彼氏がいるかもという疑惑が持ち上がり、京介があたふたするという話だ。

 

 そのデートを黒猫に見られてしまう。学校で事の顛末を話して誤解を解いた浩介であったけれど、妹に彼氏がいるかもしれないと聞いて、心穏やかではない。

 そこで京介は、妹に彼氏がいると思うか、黒猫に問いかける。黒猫はいないと思うと答え、逆に妹に彼氏がいたらどうするつもりだったのか、問いかける。京介の答えは、分からない。この後に京介が、同じ質問を黒猫に投げかけるのだけれど、黒猫の回答が印象深かった。

 

 喜んでしまうかも。

 

 桐乃は全てのことに対して全力で頑張るから、恋愛に対しても全力で頑張るだろう。そうすると、今のように黒猫たちと遊ぶ機会も自然と減るだろう。けれど、喜んでしまうかもしれないという答え。

 

 純粋に桐乃の恋を応援してあげたいという気持ち、桐乃に彼氏が出来たのなら私も遠慮しなくてよくなるという気持ち、黒猫が一歩進んでしまうと桐乃、京介、沙織、黒猫というグループのバランスを壊してしまうことになる。壊したくない。

 

 読み終わってふと思い出したときに、黒猫の複雑な感情が一言に収まっていたのだなと。

 

 そういう意味で、導入部でのデートという布石、桐乃と京介の関係と登場人物それぞれ兄妹の関係の対比、そして、桐乃と黒猫の関係。全てが流れるようで上手かった。

 

 この感想は黒猫メインで書いているけれど、桐乃の京介に対する想いとかも描かれていて、それはそれで悲しいというか切ない。そこの対比もある。テーマの表と裏のバランスが良かったですし、読んでいて二冊分楽しめた。

 

 魅力的なキャラクターたちに引っ張られて、物語を楽しく読むことが出来た。面白かった。

 

 Presented by Minai.